「ブルーカーボンセミナー」を開催します

平成29616

 

「ブルーカーボンセミナー」を開催します

~浅海によるCO2吸収・炭素貯留の科学・施策・実践~

 

ブルーカーボン(海洋生物によって取り込まれた炭素)の科学・施策・実践に関する最先端の動向についての講演と、参加者との意見交換を実施します。

 

1.セミナー開催の趣旨

2009年の国連環境計画(UNEP)は、海洋生物によって取り込まれる炭素を「ブルーカーボン」と名づけました。近年、日本沿岸のアマモ場などが二酸化炭素の吸収源であることや、海底砂泥で数千年もの間、有機物が分解されずに貯留されることなどが解明されつつあり、気候変動緩和策としての観点から、ブルーカーボンへの期待が高まっています。

そこで、本セミナーでは、20176月に出版された書籍『ブルーカーボン』の執筆陣による、ブルーカーボンの科学・施策・実践に関する最先端の動向についての講演と、参加者との意見交換を実施します。

 

2.開催日時

   (1)東京会場:2017718日(火)13:20〜(受付12:30〜)

      AP新橋虎ノ門(〒105-0003 港区西新橋1- 6-15 NS虎ノ門ビル11F  Aルーム)

      定員150

   (2)神戸会場:2017822日(火)13:20〜(受付12:30〜)

       神戸大学百年記念館六甲ホール(〒657-0013神戸市灘区六甲台町1-1)定員300

 

3.プログラム(予定)

1. 開会、趣旨説明(桑江朝比呂・堀正和)

2. ブルーカーボンとは(堀正和)

3. 大気からのCO2の吸収(所立樹・渡辺謙太)

4. 日本沿岸の藻場による有機炭素の生成(吉田吾郎・仲岡雅裕)

5. 堆積物における長期炭素貯留のしくみと役割(宮島利宏・浜口昌巳)

6. 沿岸浅海域で隔離された炭素の行方(阿保勝之・樽谷賢治・杉松宏一)

7. 沿岸浅海域における気候変動の緩和と人為影響(桑江朝比呂)

8. ブルーカーボンの応用と実例(信時正人)

9. ブルーカーボンの今後(桑江朝比呂・堀正和)

 

4.その他

詳細は、添付資料もしくは下記の添付資料が掲載されているURLをご確認下さい。

URL (http://www.pari.go.jp/unit/ekanky/research/blue_carbon_seminar.html)

 

*本行事は土木学会認定CPDプログラムです(3.7 単位)。受講証明書が必要な方は、建設系CPD協議会の登録申請・受講証明書フォーマットに必要事項をご記入の上、ご持参いただくようお願いいたします。

 

<添付資料>・セミナー開催のチラシ(別紙1) 

【問い合わせ先】

 国立研究開発法人海上・港湾・航空技術研究所 港湾空港技術研究所

 沿岸環境研究グループ 桑江、林

 電話:046-844-5046(直通)FAX :046-844-1274  Email:kuwae@ipc.pari.go.jp

ページの先頭へ戻る