動土質研究グループ

動土質研究グループでは、主に土の動的特性について研究を行っています。地震・津波等の多様な動的外力を受ける沿岸地盤の安定性や変形挙動について、実験的、解析的な検討を行い、設計法の高度化や新しい地盤の対策工法の開発を行っています。

動土質研究グループ(Webサイト)

メンバー紹介(研究分野)

ごあいさつ

グループ長  佐々 真志 
地盤の液状化とともに、波・流れや津波を含む多様な水理外力に対する地盤の動的安定性、洗掘・侵食、及び、海底地すべりなど、防災・環境保全の双方に資することを念頭においた沿岸域の地盤動態に関わる包括的な学際融合研究を推進しています。

研究官 工代 健太 

研究官 梁 順普 (地盤工学・生態環境・海岸工学)

研究員 後藤 翔矢

主な研究内容

  • 液状化現象に関する研究
    写真 地震時に地盤が液体になる現象で、構造物に大きな被害を与えます。
  • 土の動的特性に関しての研究

写真
土供試体にねじり力を繰返し載荷させ、土の動的特性を調べています。

  • 液状化対策に関しての研究

写真
液状化対策を行った地盤の対策効果を調べています。

  • 対策工法の施工に関する研究


写真
液状化対策の施工方法に関して調べています。

  • 波浪と海洋構造物基礎地盤の相互作用に関する研究

image
防波堤基礎の波浪時の安定性について調べています。

  • 海底地すべり・大規模土砂流動現象に関する研究


沿岸域の海底地すべり・土砂流動現象とその影響について調べています。

研究施設

研究施設については、当研究グループWebサイトでご覧いただけます。

研究施設(動土質研究グループ Webサイト)

お問い合わせ


お問い合わせ

ページの先頭へ戻る