基礎工研究グループ

基礎工研究グループでは、港湾構造物の基礎工法に関する研究、新しい地盤材料に関する研究などを行っています。

基礎工研究グループ(Webサイト)

メンバー紹介(研究分野)

ごあいさつ

グループ長  水谷 崇亮
わが国の港湾は軟弱地盤に立地しているケースが多く、規模の大きな地震がたびたび発生するなど厳しい自然条件下で建設されています。このため、港湾の施設を効率的に建設し、健全に維持していくためには、港湾施設の基礎工に関する研究が不可欠です。
また、近年では環境保全に対する意識の高まりから、各種産業で発生する大量の副産物を港湾工事に用いることが期待されており、基礎工分野への活用に向けて研究を行っています。

研究官  松村 聡

研究官 中村 圭太

研究員 鍵本 慎太郎 

主な研究内容

  • 港湾構造物によく用いられる杭基礎や矢板壁に関する研究を実施しています。

鋼製壁式岸壁の挙動に関する実験
模型実験により矢板壁や周辺地盤の挙動を観察・検討しています。

開端杭の先端閉塞に関する模型実験
模型実験等により、開端杭の先端閉塞メカニズムを調査しています。

 

  • 新しい地盤材料の港湾構造物への適用について研究をしています。

SGM(気泡混合処理土)の水浸試験
SGMを港湾構造物に使用する際の様々な課題について検討を行っています。

ゴムチップ混合固化処理土の研究
強さとしなやかさをあわせもつゴムチップ混合固化処理土の研究を行っています。

 

研究施設

研究施設の詳細は、「研究施設のご紹介」でご覧いただけます。

マイクロフォーカスX線CT試験装置

お問い合わせ


お問い合わせ

ページの先頭へ戻る